政治家や選挙は、自由に投票し、積極的に参加民主主義、変更、オンライン投票の投票で
left right

> Japan > 政治家 > Liberal Democratic Party of Japan > Fumio Kyuma
久間章生  久間章生 
久間章生 
、日本の元農林官僚である政治家。 | Japanese politician.
email

説明候補の: 

久間章生

JPN:

 

久間 章生(きゅうま ふみお、1940年12月4日 - )は、日本の元農林官僚である政治家。長崎県議会議員、衆議院議員防衛庁長官(第59・73代)、防衛大臣(初代)などを歴任した。

 

概説

長崎県南高来郡加津佐町(現南島原市)の農家に生まれる。両親は教育者(父は高校教員、母は中学教員)。

 

長崎県立口加高等学校、東京大学法学部卒業後、農林省に入省。農林省退職後に長崎県庁に入庁し、長崎県議会議員を経て、1980年に衆議院議員に初当選。第2次橋本内閣で防衛庁長官として初入閣。

 

小泉政権時代、同じ橋本派の野中広務、綿貫民輔らが反小泉の姿勢を採る中、額賀福志郎らと共に、親小泉の姿勢を見せていた参議院の実力者・青木幹雄と共同歩調をとり、衆院橋本派の大幹部となった。2002年6月に鈴木宗男事件が発生して衆議院本会議で鈴木宗男議員辞職勧告決議が採決された時は、起立採決の際に出席議員で唯一着席したままで、反対票の意思表示を示した。小泉政権下では、2003年に自由民主党幹事長代理、2004年〜2006年に自由民主党総務会長に起用される。2005年の郵政国会では6月28日に自由民主党総務会における郵政民営化法案の決議においては、総務会長として議事を担当し、全会一致の慣例を破る形で多数決で採決させ党議拘束の口実を作った。

 

2006年9月26日、第1次安倍内閣で再び防衛庁長官として再入閣。その後、2007年1月9日に防衛庁が防衛省に昇格したのに伴い、初代防衛大臣となったが、2007年6月30日に開かれた講演会での原爆投下をめぐる発言で、被爆者団体を筆頭に被爆者や遺族などから問題視され、同年7月3日、この発言の責任を取る形で大臣の座を追われた。その後もマスコミによる批判報道や、反核平和団体や、被爆者団体などからの反発や、抗議活動が続き、同年8月9日に長崎で行われた平和祈念式典を欠席せざるを得ない状況に追い込まれた。→後述

 

頭は切れるという評判がある。郵政国会下では総務会長権限による多数決採決という強権発動による党議拘束の口実で、郵政解散と小泉劇場の下地を整えた。また参議院与党劣勢下の野党に強権による証人喚問がしやすい情勢下でねじれ国会下で発覚した山田洋行事件では逮捕された宮﨑元伸から接待を受けた守屋武昌防衛事務次官が 証人喚問で「接待の場に久間氏と額賀氏が同席」と答弁された際には、自らは外遊の予定を直前でキャンセルして「解離性大動脈瘤」の大手術として病院に入院 して証人喚問を受けにくくする一方で現役閣僚で身動きが取れなかった額賀のみに嫌疑の批判を大きく集中する構図となり相対的に自身への嫌疑を少なくさせ た。

 

士志の会に属し、同会を構成する麻生太郎の後見人的立場にある。

 

ソース

 

 

ENG:

 

Fumio Kyūma (久間 章生 Kyūma Fumio, born 4 December 1940) is a Japanese politician who has served in the Diet of Japan since 1980. Kyuma graduated from the University of Tokyo in 1964 and worked for the Ministry of Agriculture. He was elected to the Nagasaki Prefectural Assembly in 1971 serving three terms before being elected to the Diet as a member of the Liberal Democratic Party (LDP) for Nagasaki Number 2.

 

Kyūma served as the Minister for Defense from 1996 to 1998 under then Prime Minister Ryutaro Hashimoto. He served in a variety of LDP posts in Jun'ichirō Koizumi's cabinet. He again became responsible for defence in September 2006.

 

In January 2007 he criticized the United States over not getting the approval of Okinawa's governor during efforts to relocate the Marine Corps Air Station Futenma. The base and its relocation has been a source of friction between the residents of Okinawa and the U.S. government.

 

Kyūma resigned as Defense Minister on 3 July 2007 for remarks made at Reitaku University in Kashiwa, Chiba Prefecture on 30 June. In this speech, he stated "I now have come to accept in my mind that in order to end the war, it could not be helped that an atomic bomb was dropped on Nagasaki and that countless numbers of people suffered great tragedy." He appeared on a Fuji TV morning news show on 1 July, saying he did not think an apology would be necessary, but he apologized later the same day. When this would not calm the critics, Kyūma finally submitted his resignation on 3 July. Asked about the reason for his resignation, Kyūma is quoted as saying that he did not want his comments to become a "minus" for the Prime Minister. Yuriko Koike was appointed his successor the same day.

 

source

19th November 08

updated: 2013-04-09

icon Fumio Kyuma
icon Fumio Kyuma
icon Fumio Kyuma
icon Fumio Kyuma
icon Fumio Kyuma
icon Fumio Kyuma

ElectionsMeterのテキストの内容に関して責任を負いません。いつもの著者を参照してください。すべてのテキストElectionsMeter上に公開され、著者とは、元のソースへの参照元の名前を含める必要があります。ユーザーは、著作権侵害の通知を義務付けられている。注意してサイトのポリシーをお読みください。 テキストの場合はエラーが、誤った情報が含まれては、またはそれを修正しても完全には、プロファイルの内容を疥癬したいのですが、私たちに連絡してください。 お問い合わせください。.

 
load menu