政治家や選挙は、自由に投票し、積極的に参加民主主義、変更、オンライン投票の投票で
left right

> Japan > 政治家 > Social Democratic Party of Japan > Takako Doi
土井たか子  土井たか子 
土井たか子 
2005年に引退するまで、日本の著名な政治家であった。 | Was a prominent Japanese politician from 1980 until her retirement in 2005.
email

説明候補の: 

土井たか子

JPN:

 

土井 たか子(どい たかこ、土井 多賀子、1928年11月30日 - )は、日本の政治家、法学者。兵庫県神戸市出身。愛称はおたかさん。 衆議院議長(第59代)、日本社会党委員長(第10代)、社民党党首(第2代)、衆議院議員(12期)などを歴任。 日本において、女性初の衆議院議長と政党党首を務めた。

 

生い立ち

父親は広島県出身の開業医、母親は京都府の出身。1941年、兵庫県立第三神戸高等女学校に入学。1945年に卒業。同年3月17日の神戸大空襲に見舞われ、焼け出される。1945年に旧制京都女子専門学校(1949年より新制京都女子大学)支那語科入学。1949年に卒業。

 

同志社大学での講演「平和主義と憲法九条」に感動し、京都大学法学部に合格、入学したが、1949年に同志社大学法学部3年に編入学。憲法学者・田畑忍の指導を受ける。1956年、同志社大学大学院法学研究科修了。1958年 - 1970年に同志社大学、1963年 - 1969年に関西学院大学、1967年 - 1969年に聖和女子大学(現・聖和大学)にて講師を務める。専攻は憲法学

 

社会民主党党首

1994年に自由民主党と新党さきがけとの連立政権を組んだものの、翌年の第17回参院選で惨敗したことを受け、1996年に社会党は社会民主党に改称する。同年、社民党とさきがけの議員を糾合する新党として旧・民主党が発足するが、いわゆる「排除の論理」によって土井・村山らは新党への参加を拒否される。半数以上の代議士を民主党に引き抜かれた社民党は党首を村山から土井に交替させて同年の第41回総選挙に臨むが、解散前の30議席から15議席へと半減。しかし選挙敗北の責任は問われず、むしろ土井の党の大黒柱としての地位が強化される形となった。1998年、社民党は連立与党を離脱。

 

2000年に社会主義インターナショナルの副議長に就任(~2008年)。

2002年3月に、辻元清美政策秘書給料略取事件で詐欺の指南役をかばったことから、土井たか子事務所の政策秘書・五島昌子の関与が取りざたされる。

 

2003年、静岡空港建設反対の国会議員署名活動で署名者に加わっている。しかしこれとは反対に、土井の選挙区近くへの建設が計画され、市民団体を中心に反対運動が繰り広げられたものの建設された神戸空港の建設には「地元経済への貢献」などを理由に賛成している

2003年の第43回総選挙では、北朝鮮による日本人拉致問題に対する言動をはじめとする過去の北朝鮮寄りの姿勢や、朝鮮総連との親密な関係、さらに辻元清美政策秘書給料略取事件における態度が様々な方面から大きな批判を受けた。その結果、自由民主党の大前繁雄に小選挙区で敗北。比例復活により落選は免れたが、同年11月13日に党勢衰退の責を取り党首を辞任した。

 

落選

2005年の第44回総選挙では、比例近畿ブロック単独名簿順位5位で立候補したものの落選(社民党の比例代表近畿ブロック当選者は1人、復党の辻元)、国会の議席を失った。落選後のインタビューでは引退を強く否定したため、再立候補の意向であると見られたが、参議院議員転進も取り沙汰される中2007年7月の第21回通常選挙には不出馬、更に2008年10月、第45回総選挙に立候補しない意向を示した。政治活動自体は続ける意思を示した。

 

1990年12月に設立し、代表を務めていたアジア人権基金が2010年1月末、同基金は役目を終えたとして解散した。

 

ソース

 

 

ENG:

 

Takako Doi (土井 たか子 Doi Takako, born November 30, 1928) was a prominent Japanese politician from 1980 until her retirement in 2005.

 

Doi was born in Hyōgo Prefecture and graduated from Doshisha University, where she studied law. She was elected to the House of Representatives, the lower house of the Diet, as a member of the Japan Socialist Party (JSP) in 1969, representing the 2nd district of Hyōgo. She spent her first ten years in the House on the sidelines, but came to national attention in 1980 when she was highly critical of Japan's unequal treatment of women, specifically about women-only home economics degrees and the father-dominated family registration law. She pressured the Diet to sign the Convention on the Elimination of All Forms of Discrimination Against Women (CEDAW) in 1985.

 

Doi became Vice Chair of the JSP in 1984 and the first female leader of a political party division in Japanese history in 1986, as chair of the JSP Central Policy Division. The JSP took a record high number of seats in 1990, when it won 136 seats in the House of Representatives, partly because of Doi's popularity, but she resigned her party post in 1991, in the wake of the Gulf War.

 

In 1994, no party held a majority in the House and the JSP took the lead in forming a coalition government. The JSP's president, Tomiichi Murayama, became Prime Minister. However, the coalition collapsed in 1996 and, following a disastrous electoral defeat for the JSP later that year, Doi returned to lead the party.

 

Doi was a popular opposition politician, but as party leader she saw her party collapse. Her chief act as leader was to rename the JSP as the Social Democratic Party (SDP), in 1996. Moderating the characters for "Socialism" by adding "Democratic" to the party name, Doi said that she wanted to form a more moderate party and bring more women into politics. Doi was responsible for recruiting young women with grass-roots activist backgrounds, such as Kiyomi Tsujimoto, into the party.

 

In 1998, former members of the JSP and of other parties formed the Democratic Party of Japan, and the SDP became a third-tier opposition party, watching its numbers steadily decline. The SDP was a minor party by the time the reality of the Japanese abductees taken by North Korea came to light in 2003. Doi's status plummeted as her earlier statements telling abductee families to "get over it" were shown on television, as was Doi's comment in Pyongyang in 1987 at the birthday party of Kim Il-sung: "We JSP members respect the glorious success of DPRK under the great leader Kim Il Sung." She resigned the party leadership soon after. In 1989, Doi, together with Naoto Kan, Keiko Chiba, Tomiichi Murayama and other 129 Japanese politicians from Japan Socialist Party, Socialist Democratic Federation and Komeito signed a petition to the South Korean President Roh Tae-woo for the release of North Korean spies including Sin Gwang-su who had kidnapped a Japanese in June 1980.

 

Doi lost her directly elected seat in the House of Representatives in the 2003 election but remained in the House, having won a seat under the proportional representation system. She lost this seat in 2005 elections.

 

source

19th November 08

updated: 2013-04-13

icon Takako Doi
icon Takako Doi

ElectionsMeterのテキストの内容に関して責任を負いません。いつもの著者を参照してください。すべてのテキストElectionsMeter上に公開され、著者とは、元のソースへの参照元の名前を含める必要があります。ユーザーは、著作権侵害の通知を義務付けられている。注意してサイトのポリシーをお読みください。 テキストの場合はエラーが、誤った情報が含まれては、またはそれを修正しても完全には、プロファイルの内容を疥癬したいのですが、私たちに連絡してください。 お問い合わせください。.

 
load menu