政治家や選挙は、自由に投票し、積極的に参加民主主義、変更、オンライン投票の投票で
left right

> Japan > 政治家 > Emperor Akihito
天皇明仁  天皇明仁 
天皇明仁 
明仁は、日本の現天皇である。 | Akihito is the reigning Emperor of Japan since 1989.
皇帝
email

説明候補の: 

天皇明仁

JPN:

 

明仁(あきひと、1933年(昭和8年)12月23日 - )は、日本の第125代天皇(在位:1989年(昭和64年)1月7日 - )である。平成時代においては「在位中の天皇」を意味する今上天皇とも呼ばれる。

 

昭和天皇(第124代天皇)の第一皇子。母は香淳皇后。御称号は継宮(つぐのみや)。お印は(えい、桐の別名)。勲等は大勲位。

 

人物

1933年(昭和8年)に東京府東京市麹町区(現:東京都千代田区)宮城(現:皇居)内の産殿にて誕生。1952年(昭和27年)に18歳で成年して皇太子となり、1989年(昭和64年)に昭和天皇の崩御を受け皇位を継承した。この間、1959年(昭和34年)に正田美智子と婚姻し、浩宮徳仁親王(現・皇太子)、礼宮文仁親王(現・秋篠宮文仁親王)、紀宮清子内親王(現・黒田清子)の二男一女がある。

 

2013年4月現在、79歳である。高齢であるものの、公務・宮中祭祀ともに極めて旺盛に活動しており、天皇としての活動について非常に意欲的かつ勤勉であると伝えられることが多い。年間約1000件の書類に目を通して署名・押印し、約200回の各種行事に出席し(いずれも平成23年度)、20件近くの祭儀を執り行う。

 

歴代天皇の中では明治天皇および特に昭和天皇に寄せる気持ちが強いようであるが、皇太子時代には後奈良天皇に言及したこともある。また即位十周年の会見で述べているように、戦中育ちとして先の大戦に寄せる気持には強いものがあり、過去に「6月23日(沖縄慰霊の日)、8月6日(広島原爆忌)、8月9日(長崎原爆忌)、8月15日(終戦の日)の4つは忘れる事の出来ない日付である」旨の発言もある。

 

かつて琉球王国を征服した島津家(越前島津家・重富島津家当主・薩摩藩国父島津久光、明治維新後玉里島津家当主として10万石、華族令において公爵、島津久光公爵家初代当主)の血を引いていることから、沖縄への思いは深く、琉歌を幾つか詠んでいる。琉歌を詠んだ天皇は史上初めてである。

 

1970年(昭和45年)からチェリスト・清水勝雄に師事してチェロを嗜むほか、テニスをよくする(これは皇后と知り合うきっかけにもなった。いわゆる「テニスコートの恋」である)。このほか馬術、自動車の運転にも秀でている。

 

ソース

 

 

ENG:

 

Akihito (明仁, born 23 December 1933) is the reigning Emperor of Japan (天皇 tennō), the 125th emperor of his line according to Japan's traditional order of succession. He acceded to the throne in 1989.

 

Akihito is the eldest son and the fifth child of Emperor Hirohito (the Shōwa Emperor) and Empress Kōjun. Titled Prince Tsugu (継宮 Tsugu-no-miya) as a child, he was raised and educated by his private tutors and then attended the elementary and secondary departments of the Peers' School (Gakushūin) from 1940 to 1952. Unlike his predecessors in the Imperial Family, he did not receive a commission as an Army officer, at the request of his father, Hirohito.

 

After the death of Emperor Hirohito on 7 January 1989, the crown prince received the succession (senso). Emperor Akihito formally acceded to the throne (sokui) on 12 November 1990. In 1998, during a state visit to the United Kingdom, he was invested with The Most Noble Order of the Garter.

 

Emperor Akihito underwent surgery for prostate cancer in January 2003. Since succeeding to the throne, Emperor Akihito has made an effort to bring the Imperial Family closer to the Japanese people. The Emperor and Empress of Japan have made official visits to eighteen countries, as well as all forty-seven Prefectures of Japan.

 

Later in 2011, he was admitted to hospital suffering from pneumonia. In February 2012, it was announced that the Emperor would be having a coronary examination. He underwent successful heart bypass surgery on 18 February 2012.

 

He was among several monarchs invited to lunch with Elizabeth II during her Diamond Jubilee celebrations in May 2012.

 

Marriage and children

On 10 April 1959, he married Michiko Shōda (born 20 October 1934), the eldest daughter of Hidesaburo Shōda, the president and later honorary chairman of Nisshin Flour Milling Company. The new Crown Princess was the first commoner to marry into the Imperial Family. The Emperor and Empress have three children:

  • HIH Crown Prince Naruhito (born 23 February 1960, titled Hiro-no-miya or Prince Hiro)
  • HIH Prince Akishino (Fumihito, born 30 November 1965, titled Aya-no-miya or Prince Aya)
  • The former HIH Princess Nori (Sayako, born 18 April 1969, titled Nori-no-miya or Princess Nori)

 

Titles

  • 23 December 1933 – 10 November 1952: His Imperial Highness The Prince Tsugu
  • 10 November 1952 – 7 January 1989: His Imperial Highness The Crown Prince of Japan
  • 7 January 1989 – present: His Imperial Majesty The Emperor of Japan

 

source

19th November 08

updated: 2013-04-13

icon Emperor Akihito
icon Emperor Akihito

ElectionsMeterのテキストの内容に関して責任を負いません。いつもの著者を参照してください。すべてのテキストElectionsMeter上に公開され、著者とは、元のソースへの参照元の名前を含める必要があります。ユーザーは、著作権侵害の通知を義務付けられている。注意してサイトのポリシーをお読みください。 テキストの場合はエラーが、誤った情報が含まれては、またはそれを修正しても完全には、プロファイルの内容を疥癬したいのですが、私たちに連絡してください。 お問い合わせください。.

 
load menu