政治家や選挙は、自由に投票し、積極的に参加民主主義、変更、オンライン投票の投票で
left right

> Japan > 政治家 > Crown Princess Masako
皇太子徳仁親王妃雅子  皇太子徳仁親王妃雅子 
皇太子徳仁親王妃雅子 
皇太子徳仁親王の妃。 | Kōtaishi Naruhito Shinnōhi Masako is the wife of Crown Prince Naruhito.
email

説明候補の: 

皇太子徳仁親王妃雅子

JPN:

 

皇太子徳仁親王妃雅子(こうたいしなるひとしんのうひ まさこ、1963年(昭和38年)12月9日 - )は、日本の皇族。皇太子徳仁親王の妃。旧名・小和田雅子(おわだ まさこ)。身位は皇太子妃、親王妃。皇室典範に定める敬称は殿下。お印はハマナス。勲等は勲一等宝冠章。学位は経済学士(Bachelor of Arts in Economics magna cum laude)(ハーバード大学・1985年)。

 

年譜

  • 1963年(昭和38年)12月9日、東京都港区に生まれる。本籍地は新潟県村上市本町
  • 1985年(昭和60年)6月(21歳)、ハーバード大学経済学部卒業
  • 1986年(昭和61年)4月(22歳)、東京大学法学部に学士入学し3年に編入学
  • 1987年(昭和62年)4月(23歳)、外務省入省 経済局国際機関第二課に配属されOECD担当となる
  • 1988年(昭和63年)(24歳)、オックスフォード大学ベリオール・カレッジへ留学
  • 1990年(平成2年)(26歳)、北米局北米二課に配属 市場開放・規制緩和を担当となる
  • 1993年(平成5年)1月19日(29歳)、皇室会議で皇太子徳仁親王の妃に内定
    • 同年4月12日、納采の儀
    • 同年6月9日、結婚の儀 - 皇太子徳仁親王との結婚に伴い、皇太子妃となる。
  • 2001年(平成13年)12月1日(37歳)、愛子内親王を出産
  • 2001年(平成13年)4月16日に懐妊の可能性が発表された。
    • 同年5月15日に懐妊が正式に発表された。
    • 同年12月1日に第一女子・愛子内親王が誕生。結婚から8年余りでの第一子誕生だった。
  • 2004年(平成16年)5月、徳仁親王が訪欧を前にした記者会見で「雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」と発言。海外育ちで国際派と見られていた雅子妃と、伝統と慣習に厳格な宮内庁との間で不和があることをうかがわせた。この発言は人格否定発言と呼ばれ、大きな反響を呼んだ。
  • 2006年(平成18年)からは、療養中にもかかわらず、今上天皇・皇后(いずれも現在)陪席のもと、御所で歴代天皇のご進講を続けている。
  • 2010年(平成22年)3月以降、愛子内親王を気遣って登下校にほぼ毎日付き添うようになり、外出の機会は増加した。

 

ソース

 

 

ENG:

 

Crown Princess Masako (皇太子徳仁親王妃雅子 Kōtaishi Naruhito Shinnōhi Masako), née Masako Owada (小和田雅子 Owada Masako, born 9 December 1963) is the wife of Crown Prince Naruhito, the first son of Emperor Akihito and Empress Michiko, and a member of the Imperial House of Japan through marriage.

 

Born in Tokyo, Japan on 9 December 1963, she was originally named Masako Owada (小和田雅子 Owada Masako). She is the eldest daughter of Hisashi Owada, a senior diplomat, and former President of the International Court of Justice. She has two younger sisters, twins named Setsuko and Reiko.

 

Masako was formerly employed by the Japanese Ministry of Foreign Affairs, where she worked with her father, the Director General and prospective Vice Minister. During her career she met many world leaders, such as U.S. president Bill Clinton and Russian president Boris Yeltsin. She also took part as a translator in negotiations with the United States concerning superconductors.

 

Masako was joined in marriage with His Imperial Highness Crown Prince Naruhito in a traditional wedding ceremony on 9 June 1993. By virtue of the marriage, Masako Owada assumed the formal predicate Her Imperial Highness The Crown Princess of Japan. In addition, she was placed in the Japanese Imperial Order of Precedence (used for the most formal occasions) behind her mother-in-law, Empress Michiko, and her grandmother-in-law, Empress Dowager Nagako.

 

  • 9 December 1963 – 9 June 1993: Miss Masako Owada
  • 9 June 1993 – present: Her Imperial Highness The Crown Princess of Japan

 

source

19th November 08

updated: 2013-04-12

icon Crown Princess Masako
icon Crown Princess Masako
icon Crown Princess Masako
icon Crown Princess Masako
icon Crown Princess Masako
icon Crown Princess Masako

ElectionsMeterのテキストの内容に関して責任を負いません。いつもの著者を参照してください。すべてのテキストElectionsMeter上に公開され、著者とは、元のソースへの参照元の名前を含める必要があります。ユーザーは、著作権侵害の通知を義務付けられている。注意してサイトのポリシーをお読みください。 テキストの場合はエラーが、誤った情報が含まれては、またはそれを修正しても完全には、プロファイルの内容を疥癬したいのですが、私たちに連絡してください。 お問い合わせください。.

 
load menu