政治家や選挙は、自由に投票し、積極的に参加民主主義、変更、オンライン投票の投票で
left right

> Japan > 政治家 > Liberal Democratic Party of Japan > Yasuo Fukuda
福田康夫  福田康夫 
福田康夫 
日本の政治家。ボアオ・アジア・フォーラム理事長、財団法人アジア人口・開発協会理事長。 | Japanese politician.
email

説明候補の: 

福田康夫

JPN:

 

福田 康夫(ふくだ やすお、1936年(昭和11年)7月16日 - )は、日本の政治家。ボアオ・アジア・フォーラム理事長、財団法人アジア人口・開発協会理事長、公益社団法人日本カヌー連盟代表理事会長。

 

衆議院議員(7期)、内閣官房長官(第67・68・69代)、沖縄開発庁長官(第41代)、男女共同参画担当大臣、内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)、内閣総理大臣(第91代)などを歴任した。

 

福田改造内閣

2008年8月2日、内閣改造により福田改造内閣が発足した。それに併せて、麻生太郎を幹事長に指名するなど、自由民主党執行部の人事も刷新した。閣僚の参議院枠は参議院自民党の推薦に基づき選抜するのが慣例だが、今回の組閣では参議院会長尾辻秀久による推薦を一切無視し、福田の独断で林芳正や中山恭子らを入閣させ舛添要一を留任させた。また、副大臣も党執行部の推薦に基づく選抜が慣例だが、今回は党からの推薦が差し戻され、閣僚経験者の鴨下一郎らが起用された。また、内閣総理大臣補佐官は、渡海紀三朗が新たに起用されたため全員が閣僚経験者となった。

 

2008年9月1日、午後9時30分より緊急記者会見を開催し、その席上、「内閣総理大臣・自由民主党総裁を辞職する」ことを表明した。退陣の理由として「国民生活の為に、新しい布陣で政策実現を期してもらいたい」ということを述べた。

 

2008年9月24日、内閣総辞職。なお、国政選挙の結果を経ずに成立し、かつ在任中に大型国政選挙が無かったのは羽田内閣以来となる。

 

内閣総理大臣退任後

内閣総理大臣退任後、インター・アクション・カウンシルのメンバーに就任し、2009年の総会ではヘルムート・シュミット、ジャン・クレティエンらと世界金融危機等政治経済の国際的な諸問題について討議した。また、麻生政権にて度々特派大使として各国を訪問し、日本の国際連合安全保障理事会常任理事国入りに理解を求めるなど、協力関係の構築を進めている。2009年7月の天皇・皇后北米歴訪の際は福田が首席随員に選任され、今上天皇、皇后に随伴しカナダやアメリカ合衆国ハワイ州を訪問した。

 

麻生内閣の退陣と鳩山由紀夫内閣の成立により福田は一介の野党議員となったが、その経験を買われ、民主党政権側から助力を求められることも多い。2010年10月には、内閣総理大臣の菅直人に助言を請われ、アジア太平洋経済協力など外交分野について指南した。

 

代議士引退へ

2012年9月26日の自由民主党総裁選挙終了後に地元選挙区の後援会会合に出席、その後に「次期衆議院議員総選挙に出馬せず、今期限りで議員を引退する」意思を表明した。同年11月16日の衆議院解散にともない、衆議院議員を退任した。退任に際して、衆議院を解散した内閣総理大臣野田佳彦について「解散しなければいけないと分かりながら、引き延ばした。その間政治が停滞した。行政も予算編成も止まり、特に経済は相当な影響を受けた」と厳しく批判するとともに「政権交代が結果的に失敗だったことが、明白になった」と総括した。また、自身の政治活動を振り返り「『正しい政治をしたい』、そういう気持ちだけでやってきた。日本全体と多くの人に良い結果をもたらすような精神を貫いていきたい」と語った。

なお、同年11月に自由民主党群馬県第四区支部の党員大会が開催され、後任として長男の福田達夫の支部長就任が承認された。

 

ソース

 

 

ENG:

 

Yasuo Fukuda (福田 康夫 Fukuda Yasuo, born 16 July 1936) was the 91st Prime Minister of Japan, serving from 2007 to 2008. He was previously the longest-serving Chief Cabinet Secretary in Japanese history, serving for three and a half years (2000–2004) under Prime Ministers Yoshirō Mori and Junichiro Koizumi.

 

Following the resignation of Prime Minister Shinzō Abe, Fukuda was elected as President of the Liberal Democratic Party and became Prime Minister in September 2007. Fukuda was the first son of a former Japanese Prime Minister (Takeo Fukuda) to also take up the post.

 

On 1 September 2008, Fukuda announced his resignation, triggering another LDP leadership election. Although Japan hosted the G8 summit meeting without mishap during Fukuda's time in office, he himself earned little or no credit from ordinary Japanese, and when he resigned, he became the first of the G8 leaders to leave office.

 

He is a member of the Club de Madrid, a group of more than 80 former Presidents and Prime ministers of democratic countries, which works to strengthen democratic leadership and governance.

 

source

19th November 08

updated: 2013-04-11

icon Yasuo Fukuda
icon Yasuo Fukuda

ElectionsMeterのテキストの内容に関して責任を負いません。いつもの著者を参照してください。すべてのテキストElectionsMeter上に公開され、著者とは、元のソースへの参照元の名前を含める必要があります。ユーザーは、著作権侵害の通知を義務付けられている。注意してサイトのポリシーをお読みください。 テキストの場合はエラーが、誤った情報が含まれては、またはそれを修正しても完全には、プロファイルの内容を疥癬したいのですが、私たちに連絡してください。 お問い合わせください。.

 
load menu