政治家や選挙は、自由に投票し、積極的に参加民主主義、変更、オンライン投票の投票で
left right

> Japan > 政治家 > Liberal Democratic Party of Japan > Heizō Takenaka
竹中平蔵  竹中平蔵 
竹中平蔵 
日本の経済学者、そして引退した政治家。 | Japanese economist and retired politician.
email

説明候補の: 

竹中平蔵

JPN:

 

竹中 平蔵(たけなか へいぞう、1951年3月3日 ‐ )は、日本の経済学者、実業家。博士(経済学)(大阪大学、1994年)。慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所所長・大学院メディアデザイン研究科教授・湘南藤沢キャンパス総合政策学部教授。株式会社パソナグループ取締役会長、アカデミーヒルズ理事長

参議院議員(1期)、経済財政政策担当大臣金融担当大臣、総務大臣(第6代)などを歴任した。

 

小泉政権

2001年(平成13年)の第1次小泉内閣と、2002年(平成14年)の第1次小泉内閣第1次改造内閣経済財政政策担当大臣金融担当大臣も兼任する。2003年(平成15年)、第1次小泉内閣第2次改造内閣においても留任、内閣府特命担当大臣として金融・経済財政政策を担当。2004年(平成16年)7月、第20回参議院議員通常選挙に自民党比例代表で立候補し70万票を獲得しトップ当選(史上唯一人の現職民間人閣僚たる新人参院候補)。同年9月、第2次小泉改造内閣において、参議院議員として内閣府特命担当大臣(経済財政政策)・郵政民営化担当に就任。小泉内閣の経済閣僚として、日本経済の「聖域なき構造改革」の断行を標榜する。日本振興銀行に異例の速さで銀行業免許付与。2005年平成17年9月、 第3次小泉内閣においても役職はそのまま留任。同年10月、第3次小泉改造内閣においては総務大臣兼郵政民営化担当大臣に就任。NHKの完全民営化にも乗り出したが、首相の小泉純一郎が民営化に否定的な見解を示した為、頓挫する。2006年(平成18年)9月15日、任期を4年近く残し政界引退を表明。同年9月28日、参議院本会議で辞職許可(これに伴い神取忍が比例繰上当選)。同年11月1日、自民党党紀委員会において9月29日に提出していた離党届が了承された。さらに同日、慶應義塾大学に復帰することが明らかにされた。 国務大臣の在任期間1980日(2001年4月26日 - 2006年9月26日)は戦後の連続最長在任記録である。

 

政界引退後

政界引退後の現在は、慶應義塾大学教授のほか、日本経済研究センター特別顧問、アカデミーヒルズ理事長、関西大学客員教授を務めている。河野太郎、山本一太、世耕弘成らが結成した勉強会「プロジェクト日本復活」では顧問に就任している。また、人材派遣業のパソナにて特別顧問を務めたのち、同社の親会社であるパソナグループの特別顧問を経て取締役会長に就任した。

 

2008年には韓国政府のアドバイザーとして顧問団に迎えられ、李明博という人物の颯爽と物事に対応する姿勢や前向きな政策論など、李明博が持つ並外れた強さに大いに感銘を受けたと語っている。

 

2012年9月、日本維新の会が衆院選に擁立する候補者を選定するための「公募委員会」委員長に起用された。

 

安倍政権

第2次安倍内閣では、2013年1月8日、日本経済再生本部の「産業競争力会議」メンバーに選出された。

 

ソース

 

 

ENG:

 

Heizō Takenaka (竹中 平蔵 Takenaka Heizō, born 3 March 1951) is a Japanese economist and retired politician, last serving as Minister of Internal Affairs and Communications and Minister of State for Privatization of the Postal Services in the cabinet of Prime Minister Junichiro Koizumi. As of July 2007, he is a professor at Keio University and an advisor for other academic institutions and companies.

 

Political life

Takenaka was picked by Koizumi to become the Minister of State for Economic and Fiscal Policy in 2001. In this capacity, Takenaka has become one of the most prominent voices in the ongoing debate over the privatization and breakup of Japan Post. In 2002 he became Minister of State for Financial Services as well. In this capacity he was the author of the Takenaka Plan which successfully tackled Japan's banking crisis.

 

Takenaka won his first election in 2004 and held a proportional representation seat in the House of Councillors. After Koizumi's Liberal Democratic Party crushing victory in the 2005 General Election, Takenaka assumed his last position as Minister of Internal Affairs and Communications, in charge of Japan Post privatization. He further attempted to privatize the national public broadcaster NHK but Koizumi did not agree and the attempt was stalled. On 15 September 2005, he announced his retirement from politics. On 28 September his resignation from the House of Councillors was permitted. On 29 September, he submitted a resignation letter to the Liberal Democratic Party, which was agreed on 11 November. On the same day his return to Keio University was disclosed.

 

He is the current Chairman of Pasona.

 

source

19th November 08

updated: 2013-04-16

icon Heizō Takenaka
icon Heizō Takenaka
icon Heizō Takenaka
icon Heizō Takenaka
icon Heizō Takenaka
icon Heizō Takenaka

ElectionsMeterのテキストの内容に関して責任を負いません。いつもの著者を参照してください。すべてのテキストElectionsMeter上に公開され、著者とは、元のソースへの参照元の名前を含める必要があります。ユーザーは、著作権侵害の通知を義務付けられている。注意してサイトのポリシーをお読みください。 テキストの場合はエラーが、誤った情報が含まれては、またはそれを修正しても完全には、プロファイルの内容を疥癬したいのですが、私たちに連絡してください。 お問い合わせください。.

 
load menu