政治家や選挙は、自由に投票し、積極的に参加民主主義、変更、オンライン投票の投票で
left right

> Japan > 政治家 > Yukiko Kada
嘉田由紀子  嘉田由紀子 
嘉田由紀子 
滋賀県知事(第8代)、日本未来の党前代表。 | The current governor of Shiga Prefecture.
email

説明候補の: 

嘉田由紀子

JPN:

 

嘉田 由紀子(かだ ゆきこ、1950年5月18日 - )は、日本の政治家。滋賀県知事(第8代)、日本未来の党前代表。

 

環境社会学者、文化人類学者である。1973年京都大学農学部を卒業、1981年京都大学大学院農学研究科博士課程を修了し、京都大学より農学博士(論文名『琵琶湖の水問題をめぐる生活環境史的研究』)を授与される。元滋賀県立琵琶湖博物館研究顧問、京都精華大学人文学部教授を歴任し、2006年7月2日の滋賀県知事選に当選して全国で5人目の女性知事となる。元夫は元京都大学農学部教授の嘉田良平(農業経済学、専門は環境保全型農業)である。

 

人物

埼玉県本庄市に、本庄市議会議員を務める渡辺康雄の娘として生まれる。姉は現職の本庄市議会議員。埼玉県立熊谷女子高等学校時代に生徒会長を務め、小田実の「なんでも見てやろう」を読みアフリカへ憧れを抱く。京都大学農学部へ進学して当時女性部員がいなかった探検部へ、後に夫となる当時の部長と入部許可を求めて口論のうえで入部する。3回生の時にタンザニアで半年間生活した。

 

滋賀県知事

2006年、「もったいない」を合言葉に、新幹線新駅の建設凍結、県内に計画されているダムの凍結見直し、旧志賀町に予定している廃棄物処分場の中止などを主張して滋賀県知事選挙に出馬。

2010年7月、滋賀県知事選挙に再選を目指して出馬し、自民党前衆議院議員の上野賢一郎らを破り再選する。

2012年12月26日に党代表と県知事の兼務解消を求める決議が滋賀県議会で可決されたことを受け、2013年1月4日に党の代表を辞任することを正式表明した。

 

ソース

 

 

ENG:

 

Yukiko Kada (嘉田 由紀子 Kada Yukiko, born May 18, 1950) is the governor of Shiga Prefecture. She is from Honjō, Saitama and her father was a member of the city council. She went to the Kyoto University and studied environmental sociology. She moved to Ōtsu, Shiga in 1979. She graduated from the Graduate School of Agriculture of Kyoto University in 1981. She also studied in the United States at the University of Wisconsin as a graduate student in 1973. She became a professor at Kyoto Seika University in 2000.

 

She was first elected in 2006 defeating incumbent governor Yoshitsugu Kunimatsu. She became the first female governor of Shiga and only the fifth female governor in Japanese history. She then enjoyed a landslide re-election victory in 2010. Behind her popular campaign slogan mottainai (translating roughly to "Don't Waste"), Gov. Kada captured 420,000 votes, which was the largest total of any in the history of Shiga Prefecture's gubernatorial elections. She was supported by the Social Democratic Party (SDP) and lead the Tomorrow Party of Japan (TPJ), which was founded shortly before the 2012 general election. The TPJ performed poorly in the election and all of its diet members except for Tomoko Abe left the party shortly afterwards, leading to the loss of its status as a national party. National party status in Japan requires five sitting diet members.

 

After the Shiga prefectural assembly passed a resolution requesting Kada to stop doubling as governor and the head of the TPJ, she resigned as head of the party on January 4, 2013.

 

source

2013-04-19

icon Yukiko Kada
icon Yukiko Kada

ElectionsMeterのテキストの内容に関して責任を負いません。いつもの著者を参照してください。すべてのテキストElectionsMeter上に公開され、著者とは、元のソースへの参照元の名前を含める必要があります。ユーザーは、著作権侵害の通知を義務付けられている。注意してサイトのポリシーをお読みください。 テキストの場合はエラーが、誤った情報が含まれては、またはそれを修正しても完全には、プロファイルの内容を疥癬したいのですが、私たちに連絡してください。 お問い合わせください。.

 
load menu