政治家や選挙は、自由に投票し、積極的に参加民主主義、変更、オンライン投票の投票で
left right

> Japan > 政治家 > Liberal Democratic Party of Japan > Fumio Kishida
岸田文雄  岸田文雄 
岸田文雄 
日本の政治家。外務省の現在の大臣。 | Japanese politician. The current Minister of Foreign Affairs.
email

説明候補の: 

岸田文雄

JPN:

 

岸田 文雄(きしだ ふみお、1957年(昭和32年)7月29日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(7期)。外務大臣(第147代)。宏池会(岸田派)会長。

 

第1次小泉内閣で文部科学副大臣、安倍改造内閣で内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策・国民生活・再チャレンジ・科学技術政策・規制改革担当)、福田康夫内閣で内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策・科学技術政策・国民生活・規制改革担当)、谷垣禎一総裁の下で、自由民主党国会対策委員長(第52代)を務めた。

 

来歴・人物

出生から父の秘書時代まで

通産官僚岸田文武の長男として生まれた。開成高等学校を経て、1982年(昭和57年)早稲田大学法学部卒業。日本長期信用銀行に入社。1987年(昭和62年)衆議院議員を務めていた父の秘書となる。

 

政治家として

1993年(平成5年)、第40回総選挙にて衆議院議員初当選。以後当選6回。3期目迎えた数ヵ月後2000年(平成12年)11月の加藤の乱(第2次森内閣への内閣不信任案の採決)では、加藤紘一らの動きに同調して造反・本会議を欠席するが、その後は小派閥に転落した加藤派には与さず、翌年正式に発足した反加藤グループによる派閥・堀内派の旗揚げに参加した。

 

2001年(平成13年)、第1次小泉内閣で文部科学副大臣に就任。2007年(平成19年)に発足した安倍改造内閣では内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策・国民生活・再チャレンジ・科学技術政策・規制改革担当)に就任。続く福田康夫内閣で内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策・科学技術政策・国民生活・規制改革担当)に就任。2008年(平成20年)、消費者行政推進担当大臣、宇宙開発担当大臣に就任、一時は最大で6つの大臣ポストを兼務した。

 

2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙では、広島県選出の自民党議員で唯一、小選挙区(広島1区)で民主党公認の菅川洋を破り6選したが、菅川に比例復活を許した。広島1区で次点以下の候補者が比例復活したのは初めてである。

 

2011年(平成23年)、自由民主党国会対策委員長に就任する。

 

2012年(平成24年)9月、自民党国会対策委員長を退任。同年10月4日、古賀誠の後任として「宏池会」会長に就任、以後古賀派は岸田派と称される。

 

2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙で次点候補の4倍の得票を獲得する圧勝で7選すると、12月26日に発足した第2次安倍内閣では外務大臣として入閣した。安倍とは当選同期で安倍幹事長代理時代に党改革で議論を交わした仲とされる。普天間基地移設問題などを念頭に、岸田が沖縄担当相を歴任するなど沖縄問題に精通し、仲井真弘多知事との親交も深いことが理由とされる一方、中国要人との太いパイプを持つ古賀誠を後見人に持ち、対話を重視するスタイルの岸田の起用が中国など関係諸国へのメッセージであるとの報道もある。

 

ソース

 

 

ENG:

 

Fumio Kishida (岸田 文雄 Kishida Fumio, born 29 July 1957) is a Japanese politician, who served in Yasuo Fukuda's cabinet as minister of state for Okinawa and northern territories affairs, science and technology policy, quality-of-life policy, and regulatory Reform. He is a member of the House of Representatives and the Liberal Democratic Party (LDP). He is minister of foreign affairs of Japan.

 

Kishida was born to a political family in Minami-ku, Hiroshima on 29 July 1957. His father and grandfather were former politicians who were lower house members, and also, former prime minister Kiichi Miyazawa is a distant relative of him. Kishida studied law at Waseda University and graduated in 1982.

 

After working at now-defunct Long-Term Credit Bank of Japan and then as a secretary to a member of the House of Representatives, Kishida was elected for the first time in July 1993. He served at the lower house seven times, representing the Hiroshima No: 1. He was chairman of the LDP's Diet affairs committee until September 2012. In the LDP, he is close to retired veteran LDP politician Makoto Koga. Kishida assumed the control of Koga's faction in October 2012. His most appointment in the LDP was chairman of the headquarters for Japan's economic revitalization.

 

Kishida was the minister of Okinawa affairs from 2007 to 2008, firstly in the Abe Cabinet and later in the Fukuda cabinet. He was appointed state minister in charge of consumer affairs and food safety in the cabinet of then prime minister Yasuo Fukuda in 2008. Kishida was also state minister in charge of science and technology in the Fukuda cabinet. Kishida was named foreign minister in the Cabinet of Prime Minister Shinzō Abe on 26 December 2012.

 

source

2013-04-19

icon Fumio Kishida
icon Fumio Kishida

ElectionsMeterのテキストの内容に関して責任を負いません。いつもの著者を参照してください。すべてのテキストElectionsMeter上に公開され、著者とは、元のソースへの参照元の名前を含める必要があります。ユーザーは、著作権侵害の通知を義務付けられている。注意してサイトのポリシーをお読みください。 テキストの場合はエラーが、誤った情報が含まれては、またはそれを修正しても完全には、プロファイルの内容を疥癬したいのですが、私たちに連絡してください。 お問い合わせください。.

 
load menu