政治家や選挙は、自由に投票し、積極的に参加民主主義、変更、オンライン投票の投票で
left right

> Japan > 政治家 > Democratic Party of Japan > Banri Kaieda
海江田万里  海江田万里 
海江田万里 
)は、日本の経済評論家、政治家。第10代民主党代表。 | The current president of the Democratic Party of Japan, the main opposition party.
email

説明候補の: 

海江田万里

JPN:

 

海江田 万里(かいえだ ばんり、1949年2月26日 - )は、日本の経済評論家、政治家。第10代民主党代表。

衆議院議員(6期)、衆議院財務金融委員長、市民リーグ代表(初代)、民主党政策調査会長(第5代)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)、内閣府特命担当大臣(科学技術政策担当)、経済産業大臣(第14代)などを歴任した。

 

政治家として

1986年、第14回参議院議員通常選挙に税金党公認で東京都選挙区から出馬し、落選した。1993年、第40回衆議院議員総選挙に日本新党公認で旧東京都第1区から出馬し、初当選した。1994年9月に日本新党を離党民主新党クラブを経て、1995年に山花貞夫ら日本社会党を離党したグループを糾合して市民リーグを結成し、代表委員(党首)に就任。翌1996年、村山富市の首相辞任に伴う首班指名選挙では、市民リーグ所属衆議院議員5名が海江田に投票。その後、新党さきがけを離党した菅直人や鳩山由紀夫らの主導による旧民主党結党に市民リーグとして合流する。1996年、第41回衆議院議員総選挙では東京都第1区から出馬し、小選挙区で落選(自由民主党の与謝野馨が当選)、比例東京ブロックで復活当選した。

1997年10月、金正日の北朝鮮国防委員会委員長推戴を記念する祝賀宴に参加した。

 

2000年第42回衆議院議員総選挙では東京1区で与謝野を破り当選した。同年、民主党東京都連会長に就任。同年12月には在日本朝鮮人総連合会の招請による民主党の訪朝団に参加し、北朝鮮を訪問した。

2002年には党政策調査会長に就任した。2003年、第43回衆議院議員総選挙では再度与謝野を破り当選した(与謝野も比例復活)。

2005年第44回衆議院議員総選挙に東京1区から民主党公認で出馬し、与謝野に敗れ落選。比例復活もできなかった。

2009年8月、第45回衆議院議員総選挙では東京1区から民主党公認で出馬し、与謝野を破り4年ぶりに当選した(与謝野も比例復活)。総選挙後、民主党選挙対策委員長代理に就任した。

2009年12月10日、小沢一郎を中心とした民主党議員143名、その他民主党支持者500名あまりが参加した小沢訪中団に参加。

 

2010年9月民主党代表選挙に一旦は出馬する意向を表明し、小沢一郎にも出馬の意向を伝えた。しかし、当の小沢が出馬の意向を示したため自身の出馬表明を撤回、代表選挙での小沢への投票を明言した。小沢は菅直人に敗れた。同年9月に発足した菅第1次改造内閣で内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)とともに内閣府特命担当大臣(科学技術政策担当)に就任し、初入閣した。また、国務大臣として宇宙開発担当の補職を受けた。

 

2011年1月、菅第2次改造内閣では経済産業大臣に横滑りした。この内閣改造では小選挙区のライバルである与謝野馨も、それまでの海江田の役職であった内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)の後任として入閣した。与謝野の入閣に関し、海江田は「人生というものは不条理だ」と感想を述べた。2011年4月11日、国務大臣として原子力経済被害担当の補職を受けた。

 

7月7日、原子力損害賠償支援機構法案の成立をめどに辞任する意向を表明し、8月12日には菅内閣が総辞職する前に辞任する意向を示した。8月19日、2011年民主党代表選挙に立候補する意向を固め、小沢一郎に支援を要請。会見では小沢の党員資格停止処分の見直しを示唆した。23日、内閣総辞職前の辞任を撤回。8月26日、菅直人内閣総理大臣に辞表を提出するが受理されず。同日、民主党代表選への出馬を正式表明。28日の討論会などでは、民主党のマニフェスト見直しに関する自民・公明両党との3党合意について「継続するかどうかは新執行部で決めるのがいい」と述べ、白紙で臨む考えを示した。

 

29日の代表選では1回目の投票で最多の143票を獲得。野田佳彦との決戦投票では177票を獲得したが、215票の野田に及ばなかった。この要因として、選挙戦で鹿野道彦陣営から山田正彦を引き抜き反発を招いたことや、TPPを推進する姿勢がぶれたことが挙げられている。なお翌日の衆議院本会議における内閣総理大臣指名選挙では、小沢を慕う松木謙公より一票を投じられている。 2011年9月野田内閣の発足に伴い経済産業大臣を退任し、衆議院財務金融委員長に就任。

 

2012年12月16日に執行された第46回衆議院議員総選挙では東京1区から民主党公認で出馬し、自民党新人で当時38歳の山田美樹に敗れ落選(比例東京ブロック3位で復活当選)。

同年12月22日、衆院選の結果を受けて民主党代表を辞任した野田佳彦の後任を決める民主党代表選挙に立候補を表明した。出馬に際して、「あえて火中の栗を拾う(覚悟で今度の代表選に臨む決意をした)。(民主党の創始者の一人として)党を立て直す責任がある」と心境を明かした。12月25日の代表選挙で90票を獲得し、馬淵澄夫を下して民主党代表に選出された。

 

ソース

 

 

ENG:

 

Banri Kaieda (海江田 万里 Kaieda Banri, born February 26, 1949 in Tokyo) is a Japanese politician who has been President of the Democratic Party of Japan, the main opposition party in the Diet, since 2012. He was named after Banri no Chōjō (万里の長城), a Japanese translational name for the Great Wall of China, and later began learning the Chinese language after entering Keio University.

 

In January 2011, he was appointed to head the Ministry of Economy, Trade and Industry by Prime Minister Naoto Kan. After Kan resigned in August 2011, Kaieda competed to replace him, supported by former DPJ leader Ichirō Ozawa, then under suspension from the party after being indicted for alleged violation of the Political Funds Act. Kaieda lost a runoff vote against Yoshihiko Noda, achieving 177 votes to Noda's 215, so Noda became Kan's successor.

 

After the DPJ suffered a major defeat under Noda in the 2012 election, Noda resigned to accept responsibility for the defeat. The resulting DPJ presidential election was held on 25 December 2012, which was contested by Kaieda and Sumio Mabuchi. It was eventually won by Banri Kaieda with 90 votes to Sumio Mabuchi gaining 54 votes. It was suggested that his rise to the leadership could lead to cooperation with Ozawa, who had left the DPJ during 2012 due to Noda's pushing through of a consumption tax increase.

 

source

2013-04-19

icon Banri Kaieda
icon Banri Kaieda

ElectionsMeterのテキストの内容に関して責任を負いません。いつもの著者を参照してください。すべてのテキストElectionsMeter上に公開され、著者とは、元のソースへの参照元の名前を含める必要があります。ユーザーは、著作権侵害の通知を義務付けられている。注意してサイトのポリシーをお読みください。 テキストの場合はエラーが、誤った情報が含まれては、またはそれを修正しても完全には、プロファイルの内容を疥癬したいのですが、私たちに連絡してください。 お問い合わせください。.

 
load menu