政治家や選挙は、自由に投票し、積極的に参加民主主義、変更、オンライン投票の投票で
left right

> Japan > 政治家 > Social Democratic Party of Japan > Mizuho Fukushima
福島瑞穂  福島瑞穂 
福島瑞穂 
社会民主党党首(第3代)、社会主義インターナショナル副議長。 | Japanese politician. The current chair of the Social Democratic Party of Japan.
email

説明候補の: 

福島瑞穂

JPN:

 

福島 瑞穂(ふくしま みずほ、1955年12月24日 - )は、日本の弁護士、政治家。参議院議員(3期)、社会民主党党首(第3代)、社会主義インターナショナル副議長、学習院女子大学客員教授。

 

社会民主党幹事長(第4代)、鳩山由紀夫内閣においては、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)、内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)、内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)を兼任した。

 

活動

  • 北京オリンピックを支援する議員の会顧問、日朝国交正常化推進議員連盟顧問を務める。
  • 東京オリンピックの招致に一貫して反対の立場を取っている。
  • 自著・『産まない選択―子どもを持たない楽しさ』や『福島瑞穂の落第子育てノート』にて子育てからの解放を唱えている。
  • 弁護士時代から従軍慰安婦問題に積極的に取り組み、アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件を担当した弁護士の一人であり、慰安婦問題については早期から、被害者の救済や問題の周知に大きな役割を担った。
  • 公共事業チェック議員の会入会、2003年の静岡空港建設反対の国会議員署名活動で署名者に加わるなど、公共事業を抑制すべきという立場をとっている。
  • 「百万人署名運動」の呼びかけ人を務めている。警察庁は、この運動のイニシアチブを中核派が取っていると主張している。
  • 1999年6月8日、参議院法務委員会にて平野貞夫参議院議員は、同年5月22日に福島が保坂展人と共に組織的犯罪対策立法に反対する全国ネットワークが主催する『組対法三法を廃案に 五・二二全国集会』に参加したと述べた。
  • 2002年2月15日に朝鮮会館で開催された金正日総書記誕生60周年祝賀会に社民党幹事長として出席した。
  • 2009年12月11日、サブカルチャーの殿堂として知られるライブハウス・新宿ロフトプラスワンにて開催されたトークライブ(司会:早野透)にて、上杉隆、鈴木宗男(新党大地代表)、筆坂秀世(元日本共産党政策委員長)らと同席して出席。「現職の国務大臣が初めて新宿ロフトプラスワンにやってきた」とサブカルチャーのファンを騒然とさせた。
  • 2010年5月12日、日比谷野外音楽堂にて開催された、従来より弁護士として長く再審請求の弁護人を務めている狭山事件の再審を求める市民集会に出席・登壇した。この事件の被告人である石川一雄が被差別部落の出身であることから再審請求を部落解放同盟が支援しているため、当日も公安警察が会場の周囲を取り囲んでいたが、それのみならず現職の国務大臣である福島が出席・登壇するということで警視庁の大臣警護のSPが壇上にも展開した。
  • 2010年5月16日、自身の出身である宮崎県で発生した口蹄疫に際し、担当大臣(消費者及び食品安全)として現地入りした。

 

略歴

  • 1955年12月24日 宮崎県延岡市に生まれる。父親は特攻隊員であったという(2012年党大会での発言)。
  • 1968年 日南市立飫肥小学校卒業。
  • 1971年 宮崎大学教育学部附属中学校(現・宮崎大学教育文化学部附属中学校、宮崎市)卒業。
  • 1974年 宮崎県立宮崎大宮高等学校卒業。
  • 1980年 東京大学法学部を卒業。
  • 1984年 司法試験に合格。
  • 1985年 司法研修所に入所(39期)。同期の修習生には坂本堤、伊藤芳朗、菊地幸夫らがいる。
  • 1987年 司法修習を修了し、弁護士登録。第二東京弁護士会所属。
  • 1998年 社民党から参議院議員比例区で初当選。
  • 1999年 社民党神奈川県連合代表に就任。
  • 2001年 社民党幹事長に就任。
  • 2003年11月15日 社民党党首に就任。
  • 2004年7月11日 第20回参議院議員通常選挙にて比例区参議院議員に再選(2期目)。
  • 2005年12月2日 無投票で社民党党首に再選(2期目)。
  • 2007年12月22日 党大会において無投票で社民党党首に再選(3期目)。
  • 2009年9月16日 鳩山内閣において内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)、内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)、内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)に就任。
  • 2009年12月4日 無投票で社民党党首に再選(4期目)。
  • 2010年5月28日 普天間基地移設問題を巡り民主党と対立し、閣僚を罷免される。
  • 2010年7月11日 第22回参議院議員通常選挙にて比例区参議院議員に再選(3期目)。

 

ソース

 

 

ENG:

 

Mizuho Fukushima (福島 瑞穂 Fukushima Mizuho, born 24 December 1955 in Miyazaki Prefecture) is a Japanese politician. She has been a member of the House of Councillors since 1998, was re-elected in 2004 and 2010, and is the current chair of the Social Democratic Party of Japan, a position she has held since 2003.

 

Fukushima was also Minister of State for Consumer Affairs and Food Safety, Social Affairs, and Gender Equality in Prime Minister Yukio Hatoyama's cabinet (16 September 2009- 28 May 2010); the SDP was the junior partner in the DPJ-led government coalition. However, in May 2010 disagreements over the issue of the Marine Corps Air Station Futenma led to the sacking of Fukushima from the cabinet on Friday May 28, and the SDP subsequently voted to leave the ruling coalition.

 

Fukushima's Social Democratic Party has an anti-nuclear platform, and she has been referred to as a prominent anti-nuclear activist. For three decades, she was at the forefront of an often futile fight against the utilities that operated Japan's nuclear reactors, the corporations that built them and the bureaucrats who enabled them. That situation changed with the Fukushima Daiichi nuclear disaster in March 2011.

 

She has opposed capital punishment on the SDP website.

 

source

2013-04-19

icon Mizuho Fukushima
icon Mizuho Fukushima

ElectionsMeterのテキストの内容に関して責任を負いません。いつもの著者を参照してください。すべてのテキストElectionsMeter上に公開され、著者とは、元のソースへの参照元の名前を含める必要があります。ユーザーは、著作権侵害の通知を義務付けられている。注意してサイトのポリシーをお読みください。 テキストの場合はエラーが、誤った情報が含まれては、またはそれを修正しても完全には、プロファイルの内容を疥癬したいのですが、私たちに連絡してください。 お問い合わせください。.

 
load menu